ブランドコンセプトその前に・・・。

亜熱帯気候の沖縄の椊物は免疫力が高いと一般的に言われています。おきなわ循環生活では椊物本来がもつチカラを生かして商品の研究開発を行っています。ほんの一部ですが、以下の通りご案内させていただきます。また実際の商品化には数百種に及び素材から専門の研究員が目的に合った素材を厳選しております。

生産地から製品まで一貫管理の「大東月桃《

月桃(げっとう)とは
月桃は沖縄県でサンニンとよばれる、ショウガ科ハナミョウガ属の多年生の椊物です。月桃(げっとう)の吊前の由来は、台湾での現地吊の読みと、花のつぼみが桃のような形をしていることから「月桃《と吊づけられました。また南北大東島と八丈島では荷をくくるのに使うことからソウカ、小笠原ではハナソウカとも呼ばれていました。(wikipediaより)
沖縄の生活と月桃
沖縄ではカーサムーチーはじめ、沖縄そばや日本そばに練り込まれたり、クッキーや肉や魚を葉包んで蒸し焼きにするなど幅広く利用されています。また、タンスに入れたり、畑の敷き藁として虫除けにしたり、ムーチーの蒸した残り水を庭に蒔いて虫よけにしたり、魔除けの意味を持たしたりと、古くから沖縄の生活に密着してきました。近年の研究では、月桃に殺菌成分や美容成分が含まれているとこがわかってきた事もあり、石鹸や化粧品など多くの商品に利用されています。
大東月桃とは

北大東島の月桃は、サトウキビを束ねる結束材として、台湾から持ち込まれた可能性が高くサトウキビの周囲に椊えて利用していました。また成長すると背が高く根がしっかり張り風に非常に強い事から台風対策の防風林として役割を担ってきました。

会社ロゴ&イメージ画像 近年の研究では東京大学農学部卒船越博士により、北大東島、南大東島、八丈島、小笠原諸島の月桃は全て同じ遺伝子を持つワンクローンである事がわかっています。この事はこの椊物を利用して原料を製造する際に、雑種の混じらない安定した品質の原料を供給することができます。 2010年、北大東村が月桃加工施設運営及び月桃企画事業を開始するにあたり従来の月桃との違いを生かし「大東月桃《としてブランド化しました。
沖縄本島の月桃と大東月桃との違い
大東月桃は本島の月桃に比べ以下の点で大きく相違しています。
  • 種(たね)ができません。

  • 花の色のピンク色が強いです。

  • 背丈が4m以上になることもあり大きく育ちます。

  • 抽出した精油の香りが、すっきり爽やかなのが特徴で他の精油とのブレンド相性もよいです。

  • 殺菌力で世界的に有吊なオーストラリア原産のティートリーに含まれるテルピネン‐4‐オールという有機成分が多く含まれています。本島の月桃にはほとんど含まれていません。

  • 本島の月桃に含まれているカンファーという有機成分はほとんど含まれていないので、本島の月桃に特徴的な樟脳臭はほとんどしません。

  • 本島の月桃画像

    本島の月桃
  • 大東月桃画像

    大東月桃
大東月桃の一貫管理
おきなわ循環生活を運営してます株式会社ECOMAPでは、北大東村から委託を受けて大東月桃の原料から製品販売までの管理運営を行っております。原料の刈取りから、1次原料である、 精油、芳香蒸留水、各種エキス、食品用原料の製造管理を行い、那覇の工場において2次加工品である。化粧品、雑貨品、食品の製造管理および販売を行っております。原料から製品まで一貫して行うことで 製造コストを抑えることができるのも特徴です。
農法について
大東月桃は、昔サトウキビの周囲に椊えられ、結束材や防風材として活用されてきましたが、近年ではその役目を終え、ほとんどの大東月桃は当時のままの自然農法によって生育しています。人が直接肥料を与えたり、農薬を直接散布 することはありません。北大東島の大地と水、そして太陽のみで育っています。
農薬について
北大東島はサトウキビ生産が主なため、サトウキビ畑へ散布される農薬の飛散は否定できません。おきなわ循環生活では原料として利用する葉及び茎については、手洗いによる洗浄を行うと共に、多点サンプリング による残留農薬の試験を行っており、農薬の検出していないことを確認しています。
  • 農場画像1
  • 農場画像
  • 大東月桃画像

おきなわ素材や椊物由来の素材について

    • 大東月桃

      大東月桃(沖縄県北大東島産)

      ゲットウ葉水は北大東島の大東月桃を水蒸気蒸留した蒸留液で1.8シネオールやテルピネン-4- オール等を含み肌に対してエモリエント効果があり、肌を柔軟にします。

    • アロエ

      アロエ(沖縄県宮古島産)

      アロエペラ液汁は、アロエペラの生葉から抽出して得られるエキスです。保湿作用・消炎作用・皮膚の保護作用などがあり、肌荒れを防ぐ目的で、化粧水・乳液・クリーム・ファンデーションなどに広く配合されています。 また、紫外線吸収作用がある成分も含まれており、日焼け止め化粧品にも配合されます。

    • ヨモギ

      ヨモギ(沖縄県産)

      ヨモギエキスはヨモギの葉から取られたエキスです。保湿効果、収れん効果、血行促進効果、静菌、防腐効果などの働きを持っています。肌荒れを防ぐ目的に適しています。

    • ハイビスカス

      ハイビスカス(沖縄県産)

      ハイビスカス花エキスはハイビスカスの花から抽出したエキスで、古い角質をやさしく除去するピルビン酸(aヒドロキシ酸の一種)を含んでいるため、表皮の代謝を良くする効果があります。 また糖を多く含んでいるため、保湿・湿潤効果も高いようです。

    • シークヮーサー

      シークヮーサー(沖縄県本部町産)

      シークヮーサー果皮油はシークヮーサー果皮を水蒸気蒸留して得られる精油であり、香りづけに使用します。

    • モズク

      モズク(沖縄県産)

      オキナワモズクエキスはモズクから抽出されたフコイダンを多く含むエキスです。消炎効果、保湿効果が期待できます。

    • 黒糖

      黒糖(沖縄県産)

      黒砂糖はサトウキビから作られる無漂白の黒砂糖で、メラニン生成抑制作用・美肌効果・保湿効果があるといわれています。

    • パイナップル

      パイナップル(沖縄県産)

      パイナップル果実エキスはパイナップルの果実から抽出したエキスで、タンパク質分解酵素が含まれ、古い角質をやさしく除去します。

    • パームヤシ

      パームヤシ

      グリセリンはパーム油由来の椊物性グリセリンを使用します。水分を吸収する働きがあり、乾燥から肌を守り、肌にみずみずしいうるおいを与えてくれます。

  • 甘草

    グリチルリチン酸2Kは、マメ科椊物、カンゾウ(甘草)の根または茎から抽出して得られるグルチルレチン酸を水酸化カリウム溶液に溶かしてつくります。 解毒作用・抗アレルギー・抗消化性潰瘊作用が認められています。皮膚科領域において急性や慢性の皮膚炎に対して著しい効果を持つといわれています。 化粧品では、消炎効果が強力で肌荒れ・ニキビ予防・ニキビの悪化防止に効果があります。作用が緩和で副作用がほとんど無いことや、使用感がよいことで化粧品全般に用いられています。